春の花木 一気に満開

今年の春は一気に気温が上昇し、サクラ、コブシ、モクレン、レンギョウなどが一斉にに咲いた。

サクラの開花は、里部も中山間部もそんなに差がない。新聞配達ついでに、旧大山町内の主な所をサクラウォッチングした。撮影日は、3月30日と31日。

荘田 のサクラ 国信のサクラ 大山口駅前のサクラ 神原のサクラ 宮内のサクラ 宮内高杉神社のシダレザクラ

坊領妙玄寺のシダレザクラ

豊房の桜並木

仁王堂公園のサクラ 

安原のサクラ

コブシと大山(坊領下)                                                                                                                               

モクレン(宮内) 

レンギョウと大山(坊領)

 

琴浦町議選も無投票か?

昨年末から琴浦町の議会選挙応援に入っています。本格的な選挙活動はきのう7日から始めました。

住民アンケートの結果から、要求実現のための選挙にするために、高い国保税を一世帯1万円の引き下げを求める署名を取ることにしました。2人ずつの4組で戸別訪問して、2日間で169筆が集まりました。拒否される家もありましが、ほとんど家が署名に応じてくださいました。それだけ国保税の高額さが身に染みていることの反映です。

今日は午後から青亀議員の事務所びらきをしました。地元の方や後援会員が30名集まってくださり、候補者をはじめ話をしてくださったからはいい話が続き、簡素な中にもきりっと引き締まった事務所びらきになりました。

話は変わって、このところ自治体での無投票選挙が問題になっている。28日告示の境港市議選が無投票の可能性があるというし、琴浦町議選も無投票の確立がかなり高くなっている。琴浦町は町長選も同時選挙だが、無投票は確実のようだ。

どうしてだろう。報酬が低い(町村は)から、議会が低調だから、政治に無関心な人が多い、人材がいない、など要因はいろいろ考えられる。選挙になってこそ、議員にも緊張感が生まれ、議会の活性化にもつながる。有権者は選挙になることを望んでいらっしゃる。琴浦町議選はわが党もあと一人が困難なので何とも言えないが、あと一人、出馬できないものか。

我が家に「赤紙(召集令状)」が・・・

先日、我が家に「赤紙」が届きました。鳥取県西部地区母親大会連絡会からです。

裏面の内容がとてもわかりやすい!以下に再録します。

 

生命を生みだす母親は生命を育て生命を守ることをのぞみます

秘密保護法<政府に都合の悪いことは秘密にできる>、安保関連法<米軍と一体になって自衛隊の武力行使可能>、共謀罪<2人以上で話し合うと逮捕もあり>と次々と強行してきた安倍内閣の最終目的は、憲法9条をなきものにすること

9条壊して大手を振って「戦争する国づくり」へ

安倍首相は、戦争放棄をうたった憲法9条に第3項を付け加えて、自衛隊を明記すると言っています。今の自衛隊の存在を憲法に明記するだけと言っていますが、本当でしょうか?

★軍隊はいつも、「国を守るための必要最低限の戦力」という言葉で飾られていますが、国家が戦争を始めるときの決まり文句は「国を守るため」です。第2次世界大戦(アジア太平洋戦争)も日本の国益を守るためという言葉で始まり、戦争に反対する人は「非国民」と弾圧されました。        3項によって、自衛隊は専守防衛から海外派兵のできる軍隊にその性質が一変してしまいます。

軍事最優先の社会に  今でも、安倍首相は日本の防衛に関係のないステルス戦闘機、オスプレイなどをローンでアメリカから大量に買っています。「国を守りため」という言葉が、大手を振ってまかり通るようになり、軍事費が増える一方、くらし・教育・福祉の予算はどんどん削られていきます。                                          軍事最優先の国造りは教育からと、教育の統制がますます進むでしょう。

国防のための人権抑圧が起こる  「わが国を守るため」という言葉のもとに自由にものが言えなくなったり、政府の方針に反対できなくなったりする恐れが強まります。 沖縄では「これ以上の米軍基地の押しつけはやめてくれ」と、選挙のたびに民意を示しているのに、安倍政権はさまざまな法律を無視して、ごり押しし、沖縄県民の人権を無視しています。こんなことが日本中で起こるでしょう。

安倍9条改憲は許さない!、戦争する国づくり反対の声を上げていきましょう。

 

17総選挙公示後3日目と4日目、福住候補は精力的に街頭演説

10月12日

総選挙3日目、鳥取2区福住ひでゆき候補は初めて大山町入り。そして琴浦町、北栄町、湯梨浜町を精力的に演説をこなす。終日、あいにくの雨のため濡れながらの街頭演説だったが、そこは若さ、雨などにびくともせず、しっかりと14カ所で演説をこなした。

私は夜8時まで、車長として選挙カーに乗り、演説の進行を務めた。

    

10月13日

4日目は好天に恵まれる。午後1時40分からは穀田恵二・大平善信前衆議院議員を迎 えて、3人揃い踏みの街頭演説会。場所は米子市文化ホール横。

3人3用の説得力のある力強い演説だった。聴衆は約130人で拍手や合の手が入って盛り上がった。

願い実現もあった9月議会、本日終了

6日に始まった9月定例会も今日が最終日。昨年度決算と補正予算などの討論、採決を行った。

【高校生の通学費補助が実現】

町議選で公約にしていた高校生の通学費の補助が一般会計補正予算で提案され、可決された。これは町長の公約でもあり、予定通り提案されたものである。補助の内容は、列車、バスを問わず定期代の半額を補助するもの。今回は半年分の予算で約800万円。新年度からは1600万円の予算で実行される。大山町のほとんどの高校生は、米子市などの高校へ列車とバスで通学しており、年間6~8万円の通学費がかかっている。だから、保護者にとっては半額でも補助があれば助かる。将来は全額補助を考えてないかの質問には、考えてないとの答弁。全額補助しても無理な予算額ではないので、将来は是非とも全額補助をしてほしいもの。

これで、大山町では幼児から高校生までの子育て支援策が整ったことになる。

【核兵器禁止条約に署名することを政府に求める意見書は否決】

議員提案で標記の意見書を提出したが、5:10で否決された。公明党の議員は、反対討論に立ち、被爆者はじめ世界の人々の悲願である核兵器廃絶に直結する禁止条約の署名に背を向けた。反対理由は、安倍自公政権と同じである。①この条約は核保有国と非保有国とを分断するものである。②アメリカの核の傘による日本の安全保障が脅かされる。これが主な反対理由である。これは、まさに「核抑止論」の考えに立つものだ。この下に核保有国とその同盟国は、核兵器廃絶を究極の彼方へ押しやり、核兵器保有の口実となっている。この「核抑止論」は北朝鮮が核兵器開発を進める理由でもある。

日本が保有国と非保有国との(核兵器廃絶の)橋渡しの役割を果たすというなら、核兵器禁止条約に参加してこそ真の役割が果たせるというものだ。この条約に参加し、アメリカはじめ世界の核保有国に条約参加を促し、廃絶に向かわせる。それが、唯一の戦争被爆国である日本の果たすべき大きな役割ではないか!それによって、北朝鮮の核開発をも断念させることになるのではないか。

ここでもアメリカ言いなりの自公政権の政治が、国民多数の願いに反する結果になっている。ならば、核兵器禁止条約に署名する政府をつくるしかない! せめて、今の安倍自公政権には退場してもらわねばならない。

 

 

平和行進、大山町内を行く

きのう大山町入りした国民平和大行進は、きょう大山町役場を出発、町内を西進して米子市へ入った。

大山町役場での出発式では、竹口町長と通し行進者山口逸郎さんの挨拶を受けた。町長は、国連で核兵器禁止条約が122カ国の多数で採択された点にも触れ、北朝鮮の核開発が進む危険性の中で、国民平和大行進のような取り組みがますます重要になってくるいう主旨の、力強い激励を受けた。全員で記念撮影をした後、元気よく米子へ向けてスタートした。町長は姿が見えなくなるまで手を振って見送ってくださった。

 

私は歩きながら沿道の家々を訪問し、核兵器廃絶国際署名(ヒバクシャ署名)をお願いした。昨日と今日あわせてちょうど50筆の署名をいただいた。

午前中の終点、昼休憩場所の淀江公民館では、新婦人淀江班の美味しいご馳走による歓待を受けた。交流会では、参加者全員が自己紹介と一言スピーチをした。大久保さんは新婦人の接待に感謝する短歌を記した色紙を寄贈された。通し行進者の山口さんは、全盲の人が作製した「平和」の折り鶴文字ことを話話された。最後に「青い空」をみんなで歌って、午後の行進に出発した。